災害時、現在住んでいる吹田市の市役所ツイートがすごかった!

市役所Twitterアイキャッチ 吹田市情報

こんにちは!おなつです。

2018年9月4日、記録的な大型台風21号が上陸しました。
大阪はとても被害を受けました。

大阪府吹田市の我が家はテレビが映らなくなってしまったので、インターネットで情報収集をしていたのですが、Twitterの「吹田市役所」アカウントが情報をたくさんツイートしており、とても役に経ちました。

スポンサーリンク

吹田市役所の迅速なツイート

本格上陸前の上記ツイートを皮切りに次々と情報を発信していきます。

 

9/3:台風上陸1日前のツイート

9月3日のツイート数:13

大阪モノレールの状況を連携

市内イベント情報の連携

市民への呼びかけなど

などなどとてもたくさんのツイートを行なっています。
自宅で過ごすのが不安な方へ向けての公共施設解放ツイートなどは、不安な気持ちの方にとってはありがたい情報かと思います。

その他、台風の最接近予想日時や警報発令情報、雨雲の状況などをツイートしています。

 

9/4:台風21号いよいよ上陸

9月4日のツイート数:27

鉄道情報の連携

停電の情報が入るたび取り急ぎ連携

給水の情報連携

ブルーシート配布情報

その他、情報が入り次第鉄道の情報や、停電の情報、台風21号に関する市役所の問い合わせ窓口の連絡先など、とにかくたくさんのツイートを1日中行なっています。

とめどなく市内の情報を連携してくれるツイートに少し心が救われました。

 

台風が通過した翌日も引き続きツイートを行う

台風21号が通過した翌日9/5もたくさんのツイートを行なっています。

公立の幼稚園・保育園の休園情報や、小学校などの休校情報など。

その他ブルーシートの追加配布の情報や、停電によりエアコンが使えず熱中症になりかねない方のために、空調の効いた公共施設で過ごすよう呼びかけたりと、積極的にツイートを行なっていました。

 

災害時SNSが役に立つ!

Twitterはスマホ以外のPCやガラケーからも見ることができます。

ガセ情報が拡散される場合もあるので、
ひとまずは自分の住む自治体の役所アカウントなどをフォローしておくと良いかと思います。

しかし停電中は携帯電話のバッテリーがとても貴重になります。

防災リュックの中に、
乾電池で充電ができるモバイルバッテリーも入れておくと安心かもしれませんね。

 

comment